Lazy Bear (レイジーベアー)、ミッション、サンフランシスコ

 Lazy Bear

3416 19th Street, San Francisco
lazybearsf.com
@lazybearsf

最近ミッション地区に出来た新しいレストラン「Lazy Bear」!!このレストランの面白い所は、まずウェブサイトから日時指定の食事チケットを買います。このプロセスを踏まないと当日入れないということですね。でも、とても人気のあるレストランなので、特に週末の場合は予約開始後すぐにチケットがなくなってしまうことが多いようです。また、コースも1種類(ベジタリアン用は別途リクエスト可の模様)しかなく、大きなテーブルに他の人と一緒に座り且つ、皆同時にお料理がサーブされる形式をとっています。そんな一見変わったレストラン体験記です。

先ほども少し紹介しましたが、このレストランの特徴はまず、事前に食事チケットを購入します。しかしチケットの販売開始は行きたい月の前月中旬頃となり、週末等のチケットは発売開始後直ぐに売り切れてしまいます。また、このチケット代にはサービス料も含まれていて、チケット購入時にワインペアリングをすることが決まっている場合はその時に同時に購入出来ますが、決まっていない場合やその他ドリンクを飲みたい場合は、ドリンク代のみ当日に支払いが可能です。

そして、予約時間は1日1〜2スロットしかないので、同じ予約時間の人と基本的に行動を共にします。最初は2階のソファーのある席で最初のコース4品を食べ、その後1階の大きなテーブル席に移ります。その際は、他のグループとテーブルをシェアし、お料理も同時に全員分運ばれます。その為、お料理が運ばれてくる際に、料理を担当したシェフがどんな料理かを説明してくれます。また、何とオープンキッチンなので、シェフ達が作業している姿を見ることも出来るし、写真を撮って歩きまわることも出来るんです!

それでは、コースを紹介します。

チェックイン後まずは、2階に通されます。そこで最初のコース4品が出されます。その際にアラカルトドリンクも頼めます。

Punch

Tequila, Grapefruit, Citrus

まず最初は、コースに付いてるカクテルドリンク(パンチ)です。色も鮮やかで綺麗ですが、お味もサッパリしてて良いです!

Lazy Bear - 0 Punch

Whipped Scrambled Eggs

Bacon, Maple, Hot Sauce

名前のまんまですが、ウィップクリーム状にされたスクランブルエッグやベーコンにホットソース等が入っています。下からぐるりと混ぜて食べます。お味は、本当にスクランブルエッグとベーコンにホットソースを掛けたみたいな味で、お気に入りの1つになりました。

Lazy Bear - 1 Whipped Scrambled Egg

Shigoku Oyster

Citrus Kosho Froth

次は、オイスターです!オイスターの上に泡状のシトラス系のソースがかかっていたのですが、ウェイターの方にオイスターを渡されると同時に食べて、殻も返さないとダメだったので、全部食べたと思いきや、泡しか食べていなかった、私。。笑 気づいた時は、既に時遅しでした。。笑 ドジではない旦那曰く、味は「塩気が強かった」とのこと。

Lazy Bear - 2 Shigoku Oyster

Duck Charcuterie

次は、ワンプレートに4種類のフィンガーフードがのっています。それぞれは下記に説明します。

Lazy Bear - 3a Duck Plate

Duck Liver Mouse, Marmalade

1つ目は、ダックリバーです。ダックパテみたいな感じですが、かなりおいしーくてもうちょっと大きかったらな−と思ってしまいました。

Lazy Bear - 3d Duck Mousse

Duck Rillete, Quince Fruit Roll-Up (下の写真左)

2つ目は、ダックソーセージみたいなのでした。これもまたイケます!

Duck Confit Hushpuppy, Black Lime(下の写真右)

3つ目は、ダッククリームみたいなのが入った、パフです。軽くて幾らでも食べれそうー!でも、4つのダックフィンガーフードの中では一番ダックの味がしない気がしました。

Lazy Bear - 3c Duck Bites

Duck Slim Jim, Sour Cream, Herbs

4つ目は、アメリカで「Slim Jim」って言うジャーキーみたいなスナックがあるのですが、それのダック版っていう感じですね。勿論、お味はこっちの方が断然美味しいですが。笑

Lazy Bear - 3b Duck Slim Jim

Bone Marrow and Cheedar Fondue

Crudites (celery, carrot, turnip)

続いては、ボーンマロウとチェダーチーズのフォンデュです。これがかなりのヒットでした。ボーンマロウの旨みとチーズがお野菜に絡んでおいしーしか言えませんでした。

Lazy Bear - 4 Bone Marrow Fondue

The Main Dining Area

4品目が終わると、1階のメインダイニングルームへ誘導されます。こちらが、2階から見た1階のメインダイニングルーム兼キッチンです。席は予め決まっているので、決められた席に座ります。大きなテーブルの前にはオープンキッチンがあり、勿論シェフたちが作っている姿を見学したり写真を撮ったりも出来ます。

Lazy Bear - Mezzanine

そして、席につくと、メモ欄付きの今日のメニューと鉛筆がおいてありました。メモと鉛筆があるので、気になったこととか感想をその場で書いておけます。このアイデアはかなりいいなと思いました。

Lazy Bear - Field Guide

また、それぞれの料理が運ばれる際に、担当したシェフが料理の説明をしてくれます。ちなみに、下の写真はこのレストランのメインシェフである「David Barzelay」です。

Lazy Bear - Explains

ではでは、残りのコースをご紹介します。

Brown Butter Brioche

Cultured Butter

まずは、ブラウンバターのブリオッシュです。バターがかなり効いたブリオッシュですが、更に濃厚バターを付けて食べます。外はカリッと中はふわっとしたパンとバターが口の中でとろけます。

Lazy Bear - 5 Brown Butter Brioche

Sorrels

Shellfish, Garden Herbs

貝の身やカタツムリが入った前菜です。勿論周りの葉っぱも食べれます。お味は結構、緑々している感じで、健康的な気分になりました。

Lazy Bear - 6a Sorrels and Shellfish

Lazy Bear - 6b Sorrels and Shellfish

Lobster

XO Butter, Tokyo Turnip, Chamomile

ロブスターのお料理ですー!!XOソースはテネシーのハムと乾燥ホタテ等の材料から作られているそうです。また、茶色のドロップはロブスターオイルとのこと。このロブスターの尻尾が特に美味しかったのですが、このXOバターソースを付けると尚美味しいー!!

Lazy Bear - 7e Lobster Final

ちなみに、下の写真は、キッチンでロブスター料理を盛りつけている様子です。

Lazy Bear - 7b - Lobster Lined up

Charred Onion Broth

Smoked Ham, Egg Yolk, Apple, Scallion

そして、次は、下の卵黄とネギの料理なのですが、それにハムベースのスープを掛けて食べます!これも、何とも言いようがないくらい美味しかったです。

Lazy Bear - 9a Charred Onion Broth
Before the consommé…

 

Lazy Bear - 9b Charred Onion Broth
…and after

Squab

Pear, Shallot, Foie Gras

続いて、ひな鳩のグリルとフォアグラです。最近までフォアグラはカリフォルニア州では食用禁止だったのですが、ラッキーな事に私達がこのレストランに行く数日前に解禁されたので、早速このレストランのお料理にも出てきました。鳩の方も外はカリッと中はジューシーでソースとの相性もバッチリでした。また、勿論、フォアグラもパーフェクトな焼き加減で美味しかったです。

Lazy Bear - 10 Squab

Wagyu Ribeye

Citrus, Green Peppercorn, Fish Sauce

そして、和牛のリブアイステーキです。和牛なのですが、テキサス州で育った和牛の肉とのことです。また、面白いのが、ソースです。と言うのも、グリーンペッパーコーンソースがタイのグリーンカレーの様な味がするのです。なので、何だか、タイ料理を食べている気分にさせてくれます。

Lazy Bear - 11b Wagyu

Lazy Bear - 11c Wagyu Close Up

Kiwi

Charteuse, Kaffier Lime, Guave, Buttermilk

そして、デザートの前のお口直し?!としてキウイとライムのデザートが出てきました。サッパリとしたキウイとライムがお口直しにピッタリでした。

Lazy Bear - 12 - Kiwi

Candy Caps

Brown Butter, Walnut, Cinnamon

デザートです!しかし、このデザートはマシュルームベースで作られているとのことなんです。でもお味はマシュルームの様な味もしますが、ちゃんと甘いデザートなのです。何か不思議な気分です。

Lazy Bear - 13 Candy Caps

Treats

そして、最後は5種類のデザートです。

Lazy Bear - 14a Treats

その中で気になったのが、マカロンとチョコレートとクッキーのサンドイッチです。まず、マカロンは上にもスパイシーパウダーが掛かっているので、少しスパイシーな味がします。でもこのスパイシーさが返って美味しいと思えました。

Lazy Bear - 14b Treats

続いて、チョコレートとクッキーのサンドです。上はチョコレート下はクッキーそして、中はクリーミーなアイスクリームが入ってます。アメリカでSMOREというクッキーにチョコレートとマシュマロを挟んだお菓子?!みたいなのがあるのですが、それに似たようなコンセプトかなと思いました。味は断然こっちの方が美味しかったです。笑

Lazy Bear - 14d Treats

これにてコースは終了です。この時点でお腹はほどよく一杯で、かなり満足しました。食事の後は、帰る人もいれば、少し残って他の人やシェフとおしゃべりをしたりしている人もいました。私達もこの日隣の席に座っていたカップルと仲良くなりその人達と共にシェフや他のスタッフと少し話しました。そこで分かったのは、このレストランのメニューは頻繁に変わるとのことで、月に1回は大幅に変わるとのことです。また、今後は、平日と週末で料金を変えるとのことです。

こんなアットホームなのにも関わらず、素晴らしいテイスティングメニューを提供してくれる「Lazy Bear」は最近のお気に入りの場所となりました。

英語版はこちらからどうぞ!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *