Acquerello (イタリア料理)Nob Hill サンフランシスコ

Acquerello

1722 Sacramento Street
acquerello.com

今年に入って、新年会やら何やらで全然ブログを書けていなかったので今年初めてのブログです。今回は、今年のバレンタインディナーという名目で行った、サンフランシスコにある「Acquerello」というイタリアンレストランについて書きます。このレストランは、最近流行りの超創作料理レストランではなく、クラシックなイタリア料理を生かした創作イタリアンレストランです。しかも、うちの旦那曰く、最近行ったレストランの中で一番のお気に入りらしいです。

まず、お店に入るとクラシックなホテルのロビーの様な雰囲気です。席に通されるととても可愛らしいお皿が置かれていたので、思わず写真を撮ってしまいました。

Acquerello Plate

このレストランには「自分でメニューから3か4か5種類を選ぶコース料理」と「シェフの季節のテイスティングメニュー」の2タイプがあります。今回、私たしは、この「シェフの季節のテイスティングメニュー」を頼みました。もちろんこちらのワインメニューもかなり豊富で、ワインリストが分厚い本みたいでした。私たちは今回はワインペアリングをせず、イタリアの赤ワインを2人で分けました。それでは、お料理を紹介してきます。

Amuse Bouche and Small Bites

まずは、さっぱりしたオレンジ系のカクテルからです。とてもさっぱりしているので、口の中が爽やかになります。

Acquerello_02_Juice

続いて、エビとホタテが入っている冷製イカのマリネのような一品です。プリプリのエビとホタテがツルッと口の中に入っていきます。

Acquerello_03_Calamari

そして、とろけるチーズが練りこまれたパフの様な品です。とても軽いので、一口で一瞬になくなりました。笑

Acquerello_04_Puff

Parmesan Budino with Truffle Perlage

パルメザンチーズとトリュフのスフレにキャビアが散らばられています。このふわふわ感がたまりません。しかもチーズとトリュフとキャビアの組み合わせは、言うまでもなく抜群でした。

Acquerello 05a Budino

Acquerello 05b Budino

Truffle Leek Torta

続いては、パイの様な生地にマシュルームとウォルナッツ、サンチョークなどが載った一品です。野菜だけなのですが、これがすごい美味しくて、今回のコース中のお気に入りの一つです。

Acquerello_06a_Torta

Seared Scallop

ホタテの一品です。ホタテといっても黒トリュフとポテト、キャピアも載ったゴージャスなお料理です。もちろん、ホタテもパーフェクトな硬さで、且つ甘くて、至福なひと時でした。

Acquerello Scallop

Off-menu Course

ここで、メニューにはないお料理が出てきました。白身魚をパスタのようにスライスしたものとロブスターが入っています。見た目はパスタですが、魚の味がするのでとても不思議です。でも、あっさりとした美味しい一品でした。

Acquerello_08a_Lobster

Acquerello_08b_Lobster

Cocoa Caramelle with Duck Confit

鴨の煮込みの様なお料理です。それにオイスターマシュルーム、バターナッツスクアッシュも入っています。とてもリッチなお味ですが、コクがあってとても美味しかったです。

Acquerello_09_DuckConfit

Ridged Pasta with Foie Gras, Black Truffle, Marsala

そして、待ちに待ったこのお店名物の「フォアグパスタ」です。これがかなーり濃厚ソースですがパスタとフォアグラに合う合う!!かなりのヒットでした。もっと大きかったらなぁーと思ってしまいました。

Acquerello_10a_PastaFoie

Veal Loin and Braised Cheeks

仔牛のローズと頬肉です。椎茸とあま〜いオニオン、ロールされたプロシュートがのっていて、且つ、肉汁が掛かっています。一見、こってりしてそうですが、意外とあっさりしていて、甘いオニオンと塩っ気のあるプロシュートがお肉とうまくマッチしておりました。

Acquerello_11a_Veal

‘Ol Sciur’ – Cheese Course

続いては、いよいよチーズコースです。ブルーのゴートチーズの上にベリー、パインナッツ等が載っているのですが、今回のコースの中では一番まぁまぁだった一品でした。でも、ブルーチーズの中ではマイルドなお味で美味しかったです。

Acquerello_12_Cheese

Burro e Marmellata

そして、ジェラートとフルーツのデザートです。この冷たいジェラートとフルーツがお口の中をすっきりしてくれました。

Acquerello_13_Burro

Chocolate Trunk

2品めのデザートはチョコレートケーキです。丸太の形をしていて、ブッシュドノエルみたいです。中は少しオレンジ味のビターなチョコレートなので、上品なお味なだけでなく、甘ったるく感じないので、お腹がいっぱいにも関わらず、ペロリと食べれてしまいました。

Acquerello_14_Chocolate

Dessert Cart

そして、遂に最後には「デザートカート」とやらが来ました。チョコレート系のお菓子がメインですが、中にはパンナコッタなどのデザートも含まれていました。勿論、欲張りな私は一通りの物を頂きました。中でも、パンナコッタとトリュフのチョコレートはかなり気に入りました。しかし、こんなにいっぱい取ったのにも関わらず、全部食べれるはずがなく、幾つかのチョコレートはお持ち帰りしました。笑

Acquerello_15a_Cart

Acquerello_15b_Cart

最後に、写真がないのですが、帰り際に手土産として「特製ビスコッティー」も下さいます!!このビスコッティーが、今まで食べたことのあるビスコッティーの中で一番美味しいと思いました。多くのビスコッティーは固すぎると思うことが多いのですが、ここのは固すぎず、柔らかすぎず、パーフェクトでした。

こんな感じで、たらふく食べたのですが、久々にかなり満足するイタリア料理を頂けたと思います。また、機会があれば、行きたいです。(この日以後、旦那の中で今、イタリア料理ブームらしいです。。。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *